Doorkeeper

「深刻化するStruts脆弱性にどう対処するか?」徳丸浩 氏 ご登壇!緊急セミナー【事前登録制】

2017-04-24(月)15:30 - 18:00
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料
参加のお申込みはイベント内容に記載している専用ページよりお願いいたします。

11人の参加者

すべて見る
10人のアカウント非公開の参加者

詳細

詳 細・お 申 込 み

プログラムの詳細・本セミナーのお申込みはこちらからお願いいたします。

※定員になり次第お申し込みを締め切らせていただきます。
※本セミナーは、自社Webシステムの脆弱性対策に取り組まれる企業様およびSIer担当者様を優先させて頂いております。
※定員を上回るお申し込みをいただいた場合、抽選とさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。

深刻化するStruts脆弱性にどう対処するか?

JavaのWebアプリケーションフレームワーク「Apache Struts2」に任意のコードを実行できる脆弱性(S2-045、CVE-2017-5638)が見つかり、2017年3月20日時点で7組織が被害に遭っていることが報道されています。
情報漏洩した可能性のある個人情報は合計で79万4566件に上っています。セキュリティ専門企業からは、この脆弱性を突く攻撃が広く横行していると伝えており、システムに脆弱性があるかどうかを探ろうとするコードや、Linuxファイアウォールを停止させ、マルウェアをダウンロードして実行させるコードなど、多数の事例が見つかっていると伝えています。

本セミナーでは、Webセキュリティの第一人者徳丸浩氏ウェブサイトの侵入を防ぐためにはどこまで対策するべきかご講演いただいた後、StrutsによるWebシステムの脆弱性の仕組みや実例をわかりやすく解説し、取り組むべき具体的な課題解決の手段や対処方法を事例を交え整理してお伝えいたします。

プ ロ グ ラ ム

時 間 講 演 内 容
15:00~ 受付開始
15:30~16:30 基調講演 『ウェブサイトの侵入を防ぐためにはどこまで対策するべきか ~Struts2の話題を中心に~ 』
HASHコンサルティング株式会社 代表
徳丸 浩 氏
16:30~16:40 『セキュリティサービスのご紹介』
HASHコンサルティング株式会社 セキュリティエンジニア
岡本 早和子 氏
16:50~17:30 『StrutsからSpringへの自動コンバートサービスと事例紹介』
株式会社スタイルズ SIビジネスグループ リーダー
鈴木 健夫 氏
17:30~18:00 質問およびご相談会

※講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。予めご了承ください。

主 催

主催:株式会社スタイルズ https://www.stylez.co.jp/
共催:HASHコンサルティング株式会社 https://www.hash-c.co.jp/

コミュニティについて

スタイルズ レガシーJAVAをリニューアル ~Strutsをコンバート~

スタイルズ レガシーJAVAをリニューアル ~Strutsをコンバート~

株式会社スタイルズが主催する、レガシーJAVA、特に「Apache Struts」の脆弱性対応のために、アプリケーションフレームワークのリニューアルを進めようとする皆さんに向けたセミナー開催のためのコミュニティです。 企業にとってStruts脆弱性の対策・対処は急務課題 「Apache Struts」は、2013年には「Apache Struts1」のサポートが終了し、Struts1の脆...

メンバーになる